トップページ > 足の汗を対策して清潔な状態を保つには

足の汗を対策して清潔な状態を保つには

足にも汗ってかきますよね。そんな足汗への対策として大切なのは、常に清潔を保持することです。いやなにおいを抑えるためには、足を洗うことが効果あります。汗やほこりは、いやなにおいを出すことにつながるので、しっかり洗いましょう!ただし、適度に足全体を洗うわけではありません。

 

足の指の間、爪の隙間も1本ずつ丁寧に洗うことが重要です。方法としては、足の指の間は手の指を使い、爪の間は爪ブラシなどを使うと簡単です。プラスして、爪の周りや足裏、かかとにある余分な角質も一緒に取りましょう。

 

洗ったあとは、菌が増えるのを防ぐために、指と指の間までしっかりと拭き取り、湿気が残らないようにします。仕上げとして、発汗やいやなにおいを抑えるクリームやパウダーなどを足に塗ります。塗ったあとは、必ずしっかりと乾かしましょう

 

外出する前のにおい対策として、洗面器にお湯と酢を入れて、足湯をすることがオススメです!殺菌効果が高い酢としては、竹酢液や木酢液を使うといいでしょう。外出するときの靴は、1日1日違う靴を履くと、におい対策になります。足はよく汗をかくため、履いているものに1日中、かなりの湿気が溜まります。その湿気で靴の中が蒸れると、いやなにおいを出す原因の一つになります。

 

その靴をずっと履くことで、いくら足に対策をしても、靴についたにおいが足に移ります。そうならないためにも、毎日靴は違う物を選びましょう。履いた靴は脱いだらすぐ消臭剤を使い、乾燥剤を入れてから日かげ干しにしてしっかり乾かしましょう!

 

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 免疫力アップする食べ物はなに?【免疫力向上委員会】 All Rights Reserved.