トップページ > 美容の世界で注目!免疫力とは?!

美容の世界で注目!免疫力とは?!

「免疫力」と美容には、実は深い関係性があります。「免疫力」といった言葉を耳にしたとき、多くの方が思い浮かべるのはどんなものでしょうか。たとえば、寒くなる季節の場合は、風邪やインフルエンザのような感染症に対する用語として使われることが多いでしょう。基本的には、健康分野において言及されることの多い言葉と言えます。しかし、最近では健康の分野のみならず、美容の分野でもこの「免疫力」は注目を集めるようになっています。

 

というのも、免疫力の高さが、見た目年齢の差となって現れることが分かってきたからです。シミ、シワ、たるみのような老化現象も、免疫力によって影響を受けているとされています。このことは、女性であれば、誰もが気にせずにはいられない事実ではないかと思います。また当然、健康という点においても、免疫力の低下によって風邪やインフルエンザにかかってしまえばやつれてしまいますから、それも美しさを損なう大きな要因となります。

 

いずれにせよ、美容の世界においても、免疫力を向上させることは非常に重要な課題となりつつあります。では、免疫力とはそもそもどういったものなのでしょうか。その詳細は、以下のようになります。

 

・あまり知られていない「免疫力」の本当の意味
「最近、免疫力が落ちてきていて、熱が出やすいの。」こういった言葉を耳にしたことのある方はいらっしゃるでしょうか。しかし、実はこの言葉には矛盾があります。ここでは何となく、免疫力という言葉を体力と同義のものとして口にしていますが、実際には、免疫力と体力は異なるものです。免疫力とは「体内に侵入してきた菌や異物を排除するシステム」のことです。

 

外部から菌やウイルスといった異物が侵入した場合、熱や炎症を起こして、それらを排除するべく闘う力とも言えます。そのため、前述の言葉には矛盾が発生しています。免疫力が高いからこそ、熱が出るのです。逆に免疫力が低下している状態だと、熱を出すことが実際にはできなくなります。

 

それでは、体内で行われている菌やウイルスとの闘いとは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。それをしっかりと把握しておけば、免疫力を向上させる方法も、明確にイメージできるようになるでしょう。免疫力を向上させる方法と同時に、以下の3つの機能もよく理解しておいてください。

 

・この3つの機能を向上させることで、免疫力を高める
菌やウィルスのような外敵から身体を防御し、排除するシステムは、主にこの3つの機能からなっています。

 

 

(1)「肌」の持つシャットアウト機能
一つ目は、肌です。当然のことながら、肌の角質層には、外界と体内を隔てる防御壁としての役割もあります。この肌の段階で、細菌やウイルスといった異物が外部から侵入するのを妨げます。この防御壁としての役割を持っているのは、外皮と呼ばれる皮膚に限りません。胃壁や腸壁のような内皮も同様の役割を持ち、口から胃腸へと食べ物と一緒に侵入してきた病原菌が、体内に吸収されないようにシャットアウトしています。

 

このように、免疫力を向上させるためにまず最初に必要とされるのは、肌(角質層)、胃壁、腸壁といったものを、丈夫な状態に保って防御壁としての機能をしっかりと働かせることだと言えます。肌が乾燥によってカサカサになっている、食べ過ぎ・飲みすぎ・寝不足などによって胃壁や腸壁のターンオーバーが正常に働いていない、といった状態は、免疫力という点でも好ましくありません。

 

防御壁がいわば穴だらけの状態なわけですから、外敵を防ぐことが難しくなってしまっています。肌が極度に乾燥しないよう心がけて、暴飲暴食を避け、十分な睡眠を確保するようにしましょう。そうすることで丈夫な肌を維持し、防御機能を高めるようにしてください。

 

(2)「常在菌」の持つ異物排除機能
二つ目は、常在菌です。この常在菌は最近話題になることも多く、その言葉を耳にしたことのある方も少なくないのではないでしょうか。いずれにせよ、ここで重要なのは「菌をもって、菌を制す」ことです。

 

数多くの常在菌が、上述の第一の防御壁である肌や腸内に生息しています。そして、外部からの侵入者である病原菌がやってきても容易に繁殖できないよう、自分たちのテリトリーを形成しています。これらの常在菌の中には善玉菌と呼ばれるものもあり、それらの働きが、異物の増殖を防いでいると言えます。

 

また、腸内の健康を保つための話として「乳酸菌は免疫力の向上のために有効」といったことを聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。その理由は、乳酸菌によって腸内細菌のバランスが良好に保つことができ、それによって病原菌に対抗することが可能となるからです。これは肌においても同じです。

 

皮膚にいる常在菌を活性化させることで、免疫力を向上させることができます。そのための対策としては、洗顔による落とし過ぎに注意する、化学化合の防腐剤などを使用しないようにする、といったものがあります。

 

(3)「白血球」の持つ殺菌機能
三つ目は、白血球の持つ殺菌機能です。白血球は血液中の成分のひとつで、その中には免疫細胞と呼ばれる細胞が数多く存在します。これらの免疫細胞は、病原菌を発見すると食べて消化する、活性酸素を使用することで細菌を殺す、といったことを行い、体内に侵入した異物を排除する働きを持っています。

 

免疫細胞の種類も様々で、その中でも代表的なものは、NK細胞、T細胞といったものです。私たちの身体は、異物が侵入すると熱を出して炎症を起こし、それによって血流を増加させます。そうすることで、こういった免疫細胞が活動しやすいようにし、かつ、病原菌などが入ってきたところに免疫細胞を送り込むことができます。異物排除の機能としては、最も強力なものと言えるでしょう。

 

しかし、このシステムも過剰に働きすぎると、身体には悪影響です。体内に慢性的な炎症が起こる、自分自身の細胞を損傷させる、老化を促進する、といった現象が引き起こされてしまいます。つまり、免疫機能は低くても過剰でもいけないのです。そのため、自律神経のバランスを一定に保ち、白血球の免疫機能をバランスよい状態にしておくことが必要となります。

 

このように、3つの機能が免疫力を維持し、肌の美しさを保つ働きもしてくれます。免疫力が低下してしまうと、赤み、かゆみ、ニキビ、吹き出物といった肌のトラブルが引き起こされてしまいます。逆に免疫が過剰だと、常に肌内部で微弱炎症が起きている状態となり、それがシミやシワにつながってしまいます。

 

現在、美容の分野でも注目されている「免疫力」を向上させるたために必要なのは、角質層を丈夫な状態にしておく、常在菌のバランスを維持する、自律神経のバランスを維持する、といった3つの対策です。これらの対策を積極的に行い、健康かつ美しい身体を手に入れてください。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 免疫力アップする食べ物はなに?【免疫力向上委員会】 All Rights Reserved.